“

空海円珍などにより密教が日本に伝えられると、後にこれが胎蔵界曼荼羅に配置される星辰・星宿信仰と付会(ふかい)され、また奈良時代から役小角より行われていた山岳信仰とも相まっていった。山伏は名利を得んとする傲慢で我見の強い者として、死後に転生し、魔界の一種として天狗道が、一部に想定されて解釈された。一方民間では、平地民が山地を異界として畏怖し、そこで起きる怪異な現象を天狗の仕業と呼んだ。ここから天狗を山の神と見なす傾向が生まれ、各種天狗の像を目して狗賓、山人、山の神などと称する地域が現在でも存在する。

したがって、今日、一般的に伝えられる、鼻が高く(長く)赤ら顔、山伏の装束に身を包み、一本歯の高下駄を履き、葉団扇を持って自在に空を飛び悪巧みをするといった性質は、中世以降に解釈されるようになったものである。

事実、当時の天狗の形状姿は一定せず、多くは僧侶形で、時として童子姿や鬼形をとることもあった。また、空中を飛翔することから、のイメージで捉えられることも多かった[3]。さらに尼の転生した者を「尼天狗」と呼称することもあった。平安末期成立の『今昔物語集』には、空を駆け、人に憑く「鷹」と呼ばれる魔物や、顔は天狗、体は人間で、一対の羽を持つ魔物など、これらの天狗の説話が多く記載された。これは1296年永仁4年)に『天狗草紙(七天狗絵)』[4]として描写された。ここには当時の興福寺東大寺延暦寺園城寺東寺仁和寺醍醐寺といった7大寺の僧侶が堕落した姿相が風刺として描かれている。これら天狗の容姿は、室町時代に成立したとされる『御伽草子・天狗の内裏』の、鞍馬寺の護法魔王尊あるいは鞍馬天狗などが大きな影響を与えていると思われる。

posted : 火曜日, 9月 2nd, 2014

tags : reblog

reblogged from : News.Azwad.Com - toshi's tumblr

“ 黙っていることが出来ないアメリカ人向けに作られたブレインストーミングのルールを、何の疑問も抱かずに日本人に適用しても充分なクリエイティビティを引き出すことは出来ない。

posted : 火曜日, 9月 2nd, 2014

tags : reblog

reblogged from : hnsm★tumblr

posted : 月曜日, 9月 1st, 2014

tags : reblog

reblogged from : *Thrill Seekers

“ そういえば、団塊ジュニア世代は「頑張って勉強すれば社会や会社が守ってくれると教えられて育って裏切られた世代」で、ゆとり以降は「最初から信じられるものがほぼなかった世代」という、メンタリティが断裂してる理由が最近なんとなくわかった気がしたのだわ。

posted : 月曜日, 9月 1st, 2014

tags : reblog

reblogged from : TEXT

(出典: pinterest.com)

posted : 月曜日, 9月 1st, 2014

tags : reblog

reblogged from : Monde Des Hommes

(出典: jordiefuckinloo)

posted : 月曜日, 9月 1st, 2014

tags : reblog

reblogged from : You'll Do

michaelrecycles:

she-loves-fashion.

Elizaveta Adamenko by Pamela Hanson for Vanity Fair Italia August 2014 

michaelrecycles:

she-loves-fashion.

Elizaveta Adamenko by Pamela Hanson for Vanity Fair Italia August 2014 

posted : 月曜日, 9月 1st, 2014

tags : reblog

reblogged from : Joke me if you can't take a fuck

(出典: classsexeros)

posted : 日曜日, 8月 31st, 2014

tags : reblog

reblogged from : Don't Catch a Falling Knife

lgmarchi:

Magic castles

Digital mixed media

2014

Laura Grace Marchi

posted : 日曜日, 8月 31st, 2014

tags : reblog

reblogged from : passions and distractions

posted : 日曜日, 8月 31st, 2014

tags : reblog

reblogged from : RIOT. Visual Moodboard

“

フラットデザインのムーブメントには何か本質的な意味があるような気がします。それは、ジェスチャによる直接操作や、クロームよりもコンテンツを前面に出した世界観と関係しています。

ファンシーなUI部品を誇示したり、あらかじめ決められたタスクをメニューとして強調するのではなく、もっとユーザーが自然にシステムをコントロールできるようにするにはどうすればよいか。必要最低限の要素でシステムの機能性を表現するにはどうすればよいのか。

フラットデザインは、そうしたUIデザインの本質的な部分の模索だと思います。そして次のことを示唆していると思います。すなわち、情報を処理するためにUIを操作するという手続き的な利用モデルではなく、もっとユーザーがコンテンツと直接インタラクトしていると感じるような利用モデルへの移行です。

それがどのような操作になるのかは具体的には分かりませんが、来るべきUIのポストモダニズムでは、静的なグラフィックによってシステムを表現するのではなく、ジェスチャに対する多様な反応やコンテンツの連続的な状態変化によって、ユーザーとシステムとのコミュニケーションが形成されるような、モードレス・ユーザーインターフェースの方向に進化していくだろうと思います。

その意味で、すでにUIデザイナーの仕事は「機能的で美しいグラフィックを作ること」から、「機能的で美しい反応を作ること」にシフトしはじめています。

フラットデザインは、そういったUIの変遷の大きな流れの中にあるのだと考えています。

posted : 日曜日, 8月 31st, 2014

tags : reblog

reblogged from : Peckori Detuned.

euo:

www.Aphonie.net by Cedric Yon on Flickr.

posted : 日曜日, 8月 31st, 2014

tags : reblog

reblogged from : jacony's memo

“ 「物事に打ち込むには、沈黙が必要で、ため込む時間がいる。なのにSNSで毎晩、毎分のようにコメントしていたら、時間なんか作れない。好きでやっていると思っていたら、いつのまにかドラッグのようにコメントを強要されている。そのうえ素人なのに『こんなこと書いたら嫌われる、たたかれる』とか、まるで玄人のように自己規制をしている。『キジも鳴かずば撃たれまい』ということわざがあるが、『鳴きたい(書きたい)けど、撃たれ(たたかれ)たくない』という感じになっていて、結局いらいらして鳴いて(書いて)しまって、撃たれる。つまり、ネット上でたたかれて炎上する。こんな繰り返しの中でクリエーティビティーなんて生まれるわけがない。SNSにもいいところはあるが、若者は発信することに疲れ果て、発信して批判されることにも疲れている」

posted : 日曜日, 8月 31st, 2014

tags : reblog

reblogged from : kitune Akimoto Tumblr

“

孤独のカタチは一人一人違う。

多く人は、 そのカタチをぴたっと埋めてくれる誰かに出逢えない。 それどころか理解者にさえ恵まれない。

でも、全てわかってもらえずとも、 自分の孤独のカタチに寄り添う誰か、 「たった1人」いればやっていける。

その1人は、リアルな人間でなくてもかまわない。

表現作品や、想像上の世界の生きものでも。

「深い孤独の闇にいる人に、  想像でつくった物語がなんの役に立つ?」

という人もいるだろう。 けど、

「心が呼吸をやめ瀕死になった人を、  文学や音楽が本当に救うこともあるんだ。」

ということを、 私は、仕事を通して何度か目の当りにしてきた。

posted : 日曜日, 8月 31st, 2014

tags : reblog

reblogged from : hnsm★tumblr

The concept for this biographical book cover series was centered around the author’s place of origin, and features elements that directly reference those places. A papercraft technique was used to create a three dimensional landscape scene which would enforce the idea of the author’s setting and help achieve a sense of cohesiveness through out the series.

I chose to incorporate fences and other small icons to depict the author’s life and to help illustrate what kind of environment these literary legends were exposed to and how that had direct influence on some of the most famous stories in history.

posted : 日曜日, 8月 31st, 2014

tags : reblog

reblogged from : Typographie