posted : 月曜日, 4月 21st, 2014

tags : reblog

reblogged from : la bottega di amrita -----> catalogo e ispirazioni

johntenda:

カッケー

johntenda:

カッケー

posted : 月曜日, 4月 21st, 2014

tags : reblog

reblogged from : omisaa

“ 旅の達人たちは違う。壮大な旅行への熱い思いを抱き続け、いつも新鮮な気持ちで旅に出かけるのだ。最新の賢明な旅行のルールを素早く取り入れて、時代遅れのままにしたり安易さに流されたりはしない。

達人に学ぼうではないか。そして次の旅行を素晴らしく新鮮なものにしよう。

1. 旅行の2か月前に予約する

飛行機の予約に熟達した人たちによると、国内線の航空機のチケットは平均して出発のちょうど54日前に一番の安値になるそうだ。この54日前に気づかなくても、旅行日の通常104日から29日前までのあいだに予約をしよう。この 「最適予約期間」 なら、一番の安値が得られる。

2. 旅行中は仕事から離れる。

「人は望む以上のことを成し遂げることはできない」 と、仕事を辞めて一年間旅に出たクレイトン・B・コーネルは言う。「もし旅に出かけるなら、旅のことのみを考えるべきだ。見るべきものはたくさんあるし、行く先々で思いがけない冒険に遭い、思いもよらないことが待ち受けているだろう。そのために旅に出るのではなかったのか。」

3. 80/20のルールに従う。

荷物を詰める際に、その重さが10キロを超えたらその1キロ1キロがあなたの動きの邪魔をする、とコーネルは付け加えて言う。必要と思うもの中からたったの20%を選んで持っていけば、旅先で遭遇する事態の80%には間に合うのだそうだ。「あらゆる事態に備えて荷物を詰めるなんて、自殺行為だ」

4. スラングを学ぶ。

旅先の国の言葉を二言三言覚えていけば、その土地の人々はあなたがいかにその土地を思っているかを知るので、旅先で出会う人々から敬意を集めることになる。「(土地の言葉が) わかればお互いに大きく理解し合える」 とジャーナリストのホイットニー・リシェルが書いている。「スラングを使えば土地の人との会話が俄然楽しくなる」

5. ネットには繋がないこと

アメリカ人の38%は休暇中でもeメールのチェックを欠かさないそうだ。でも旅の達人はそんなことはしない。テクノロジーから解放された旅が精神の健康を保つのにどれほど大切かを知っているからだ (メラトニンの生産が加速され、満足感が増え、家に帰ってからも長期にわたって集中力を持続できるようになる)。旅の達人たちは飛行機に乗る前までに、重要な連絡は済ませて留守番メッセージに切り替え、旅行中は携帯電話で呼び出されないようなアプリを使うのだ。

143921709

6. 一人で出かける。

そうすれば気が滅入らないだけでなく、旅の達人にすれば人とのつながりを強固にでき、訪ねることができる友達の数を世界中で増やすことができるのだ。

132040025

7. 旅行用グッズは要らない。

旅行用に小さな歯磨き粉を買って空になるごとに入れ直すより、普段の大きなのを持って行けば1ドル、そして結局何百ドルも節約ができる。旅行用グッズはたくさんあるのだが、ネックレスを仕舞うにはラップ用フィルムで間に合うし、いつも使っているUSBケーブルがホテルのTVに繋ぐのに一番よい。旅の達人は皆そうしているようだ。

image

8. 飛行機事故の際にどうすべきか知っている。

「飛行機事故に関して、生存者について調べたり模擬実験で実施した多くの研究結果から、体を守る姿勢の良し悪しが飛行機事故の際の生死を分けることが明らかになった」 とスマーター・トラベルは書いている。「FAAの発表によると、まず座席をまっすぐの位置に戻して正しく座ること。それから頭を下げて胸が脚につくようにし、両手でかかとか下肢を掴むようにする。顔を下に向けて膝の上に載せたままじっとしていること (横を向いたりしてはいけない)。」

9. 文化の違いについて手短に説明する

メートル法とポンド・ヤードの違い、12時間の時計と24時間の時計、摂氏と華氏、通貨の交換レートなど、こうした文化の違いが引き立つ話題を旅の達人は普段から集めている。

10. クレジットカードの特典をうまく利用する

「システムをうまく使えば、山のような無料の航空券やホテルの宿泊、休暇、それに現金だって手に入れられる」 とマット・ケプネスは語る。格安旅行サイトとして賞も貰っている「Nomadic Matt」の著者だ。自分のクレジットカードを旅行の特典付きのカードに取り換えて、何千マイル分ものマイレッジやファーストクラスの航空券、ホテルの宿泊などを何年も待つことなく手に入れたのだ。こうした良い特典のあるクレジットカードを手に入れるのは、思ったより簡単らしい。

11. トコジラミをチェックする。
ホテルについたら部屋で最初にすることの一つがこれだと、スマータートラベルで達人たちは述べている。実際に虫が見つからなくても構わない、いるなら小さなシミ跡を残しているだろう。何に気づくべきかをあらかじめ知っていれば、現実に不快な思いをする前に部屋を交換してもらえる。

12. 窓側の席を頼む。

そう、そうすれば飲み物を配るカートにぶつかられることがないと旅の達人は知っている。でもそれだけではない。窓からこんな雄大な景色が写真に撮れるかもしれないのだ。

talking to locals

13. 地元の人と話をする。

旅行ガイドを読み終えたら、夕食にどこがいいか地元の人に聞いてみてはどうか。値段が全然ちがうのにレベルの変わらない良い店を教えてくれるはずだ。「いい旅というのは、人々との出会い、人々との会話、そして人々から学ぶことだ」 とリック・スティーブズは語る。

14. 私心を忘れて旅をする。

自分中心の旅行者ほど、他の人に 「好きなものを食べ、好きな時に眠り、好きなように楽しみなさい」 とプレッシャーをかけるものだ、とマナーを教えているリッチー・フリーマンが書いている。利己的な振る舞いが過ぎると旅行会社といざこざが起こるので、旅の達人はみんなの意見に気を配って公平さを保ち、旅行会社の都合にも相応の配慮をするのだ。

181214915

15. 理想の目的地を心に描き、費用を抑えた第2案を選ぶ。

何度も旅に出かけるためのコツは、予約時に、気持ちがくじけたり、どうしようもないと感じるような、そして財布を直撃するような要素をできる限り取り除くことだ。旅の達人がよくやるのは、まずお金はかかっても夢に見る旅の目的地を一つ選び、それからよく調べ上げて、同じレベルながらできるだけお金がかからないビーチや街を探し出すのだ。そうすれば予算が節約できるばかりではない。その土地の人たちとより近しくなれるし、人込みを避けて、正真正銘の総合的な体験ができると知っているのだ。

181215167

16. パレード中に雨が降っても何も濡らさない。

気持ちの問題であれ経済的な問題であれ、一日を無駄に過ごすようなことは、旅の達人には考えられないことだ。もし飛行機がキャンセルされたりホテルの予約に手違いがあったり天候に恵まれなかったりしても、それでなんとかやりくりする最善の方法を見つけ出すのだ。

rainbeach

posted : 月曜日, 4月 21st, 2014

tags : reblog

reblogged from : 茄子月

“ 「単にできる」 と 「速度と量を伴ったできる」 は全く異なるということに留意すべきである

posted : 月曜日, 4月 21st, 2014

tags : reblog

reblogged from : UBIQUITY LiFE*

My new sounds:

posted : 日曜日, 4月 20th, 2014

tags :

weandthecolor:

Personal Branding by Leonardo Gubbioni
More of the personal brand identity on WE AND THE COLOR
Follow WATC on:FacebookTwitterGoogle+PinterestFlipboardInstagram

weandthecolor:

Personal Branding by Leonardo Gubbioni

More of the personal brand identity on WE AND THE COLOR

Follow WATC on:
Facebook
Twitter
Google+
Pinterest
Flipboard
Instagram

posted : 日曜日, 4月 20th, 2014

tags : reblog

reblogged from : Zzataka

“ 1.リストをつくれ
2.どこにでもノートを持ち歩け
3.好きなように書いてみろ
4.コンピュータから離れろ
5.空想的であれ
6.自分を叩くのをやめろ
7.休憩しろ
8.シャワーを浴びながら歌え
9.コーヒー/茶を飲め
10.自分のルーツを知れ
11.新しい音楽を聞け
12.オープンになれ
13.自分の周りにクリエイティブな人々を置け
14.フィードバックを得ろ
15.コラボレートしろ
16.あきらめるな
17.プラクティス・プラクティス・プラクティス
18.失敗することを自分に許可しろ
19.新しい場所へ行け
20.外国の映画を見ろ
21.自分の恵まれている点を考えろ
22.たくさん休め
23.リスクをとれ
 24.ルールを破れ
25.自分を幸せにすることをもっとしろ
26.強要するな
27.辞書のどれか1ページを読んでみろ
28.フレームワークをつくれ
29.誰かにとって完璧な人間になろうとするのをやめろ
30.アイデアを思いついた?書き留めろ
31.職場を掃除しろ
32.楽しめ
33.何かを終わらせろ

posted : 日曜日, 4月 20th, 2014

tags : reblog

reblogged from : stand alone complex

(出典: Flickr / tsuda)

posted : 日曜日, 4月 20th, 2014

tags : reblog

reblogged from : Zzataka

“ 特に仕様を決めるのが、ソフトウェアを作った事無い人で、自分が何が欲しいのかを良く理解していない状況の場合、一発で正確に欲しい物を記述する、なんて事は、その人が有能か無能かを通り越してあり得ない事だ。

posted : 日曜日, 4月 20th, 2014

tags : reblog

reblogged from : do nothing

“

俺に一番影響を与えた人

子供の頃から「坊ちゃま」「坊ちゃま」と言われて育った。

それは自分病院の跡取り坊っちゃんだったかである

しわくちゃな手をした人たちが自分を取り囲んで、

「手がきれいだ」とか「賢そうだ」とかいう。

自分だけきれいな恰好をして申し訳ないような、浮いているような、居心地の悪さが常にあった。

はいえ期待されていたかというと全く逆で、学究肌の父親は、「お前は医者になるな」が口癖であった。

自分弁護士になるつもりでいたから、そういう点では父親とは全くぶつかることもなく、仲良く過ごしていた。

「東大理Ⅲしかさない」とか言っていたとぼけた祖父も中学の時に亡くなったので、特になんのプレッシャーもなく育った。


高校3年のとき病気になって手術を受けた。

都内の大きな病院だが、執刀医は父親の親友であった。

受験前なのに勉強道具を持っていかなかったのは、どうせ病気をしているのに勉強したって効率が悪いからに決まっているからで。

自分高校名も父親の名前バレバレであり、「さすが頭がいい人は勉強道具を持ってこないのね」などとナースがいう。

嫌味には全く聞こえなかった。

あなたもお医者さんになるんでしょ」と皆が言った。いつの間にか病棟患者さん全員が知っていた。

そういうつもりはないのです、とは言わずに、「なれると良いですね」と答えていた。



手術後は貧血があるだけで元気であった。

まりにもやることがないので、毎日の日課は回診だった。

今思い出せば、それは末期がんの患者さんが多くいる病棟であった。

当時、流動食(で、かつ高カロリー)というのは病院メニューにはなかったようで、ラコールやらエンシュアやらいう薬もなく、

自分ミルクセーキのようなものを作ってチューブで流し込む、というような生活をする人がいた。

その人は喉頭が失われていたので意思の疎通は筆談なのだけれど、わざわざ病院の近所のスーパーに買いに行っていたか自分がお使いをしたり。

あとは各部屋で何時間患者さんたちと喋りこむのである



俺は高校生で全くの素人なわけで、そんな自分健康相談をするのは全く間違っている。

全く間違っているわけだが拒絶するのもおかしな話だし、第一自分の家は病院で、物心ついた時には患者さんたちや従業員さんに囲まれて育ったわけだから

死ぬとか、苦しいとか、そういう事について多少は自分なりの考えを持っていたんだろうとは思う。

(「死ぬのは苦しくはないんですよ」というような。それはうちの病院が30年前にすでに緩和ケアみたいなのをやっていたから本当の話)

はいえ、自分が何か話す、というよりは人々の話を聞いたり、会話の媒介者になる、ということをただただ繰り返していたわけだ。



そんな中に顔色の悪い「その人」はいた。

30歳ぐらいの「その人」はいつも口数が少なくて、元気がなかった。

家庭の事を聞いたかもしれないけれど、良く覚えてはいない。

でもだんだん日にちが経つうちに、打ち解けて来たかもしれない、という印象を持った。

今はその人がどんな病気だったかがわかる。乳がんで、たぶんあんまり予後が良くない状態なんだ。



俺が退院するという日になって、「ちょっと話がある」と地下に呼び出された。

なんだろうと思ってついていくと、めっちゃいかつい男性がいた。こわい。

どう見てもその筋の人である

どうしよう、怒らせてしまったのだろうか。


喫茶店で俺の向かいにその二人が座ったが、

別に文句を言われるでもなく、

「夫です」などと自己紹介をされた。自分はといえば、どこから刺青が見えるんじゃないかとかそんな事を考えながらさりげなく相手を観察しつつ

はいはい」と話を合わせていたのだけれど、そのうち「その人」の顔つきがちょっとかわって、

「○○くん、絶対医者になってよ」と唐突に言う。

はい?」

「○○くんは絶対医者になってほしい」

「と、妻が申しております

その男性までが頭を下げるのである

頭を下げてお願いされたのは、その後の人生でもあまり記憶にないのだけれど、

こんな一瞬の出来事が、自分医者になった理由である


医学部面接では、

途上国医療に貢献したい」

と言ったが嘘である

知らない人に頭を下げて頼まれたから、という理由ではあまりにもいい加減すぎるだろう。

posted : 日曜日, 4月 20th, 2014

tags : reblog

reblogged from : Zzataka

monoprixgourmet:

東洋製缶の本社に新しくできたミュージアム。1933年の社員向け冊子はもろにアールデコ。 (容器文化ミュージアムにて。Instagramで撮影)

monoprixgourmet:

東洋製缶の本社に新しくできたミュージアム。1933年の社員向け冊子はもろにアールデコ。 (容器文化ミュージアムにて。Instagramで撮影)

posted : 日曜日, 4月 20th, 2014

tags : reblog

reblogged from : nemoi memo

posted : 日曜日, 4月 20th, 2014

tags : reblog

reblogged from : 339966

posted : 日曜日, 4月 20th, 2014

tags : reblog

reblogged from : 文字移植

“ EUは4つの案を提示し、一つ目は「無料」と銘打って消費者をミスリードするような広告を出さないようにするべきというものだ。海外では無料ゲームは「Free to Play」と宣伝されることが多いが、「Free」すなわち「無料」と宣伝していいのは、課金要素が一切ないものに限るということになる。したがって、アイテム課金等があるようなゲームや課金で機能が解除されるようなアプリはEUでは「無料」と宣伝してはいけなくなる。
2つ目の勧告は、子供の消費者に対してアイテムを買うように誘導することを禁止し、親に買ってもらうように勧めることもあってはならないというもの。
3つ目は消費者の明確な同意なしで課金が行われるようなシステムを削除せよというもの。
4つ目は消費者が異議を申し立てることの出来る窓口や連絡先などを明記しなければならないというもの。

posted : 金曜日, 4月 18th, 2014

tags : reblog

reblogged from : 小鳥メモメモ

“ 極めてゆったりとした雅楽を聴いて、平安貴族の雅な文化を想像される方は、多いとおもいますが、このような音楽となったのは、実はもっと後の時代のことで、平安時代や鎌倉時代、室町時代、つまり中世より以前の時代の雅楽は、今の雅楽とは全く違う音楽だった、という研究があります。その草分けがイギリスの音楽学者ローレンス・ピッケン(Laurence Picken 1909~2007)です。彼は、今の雅楽のゆったりとした音の進行のなかに、舶来した当時の大陸的・歌謡的なメロディーが潜んでいることを発見しました。すなわち、雅楽は、千年以上の歳月をかけて、何倍も、曲によっては10数倍も “まのび”したというのです。

posted : 金曜日, 4月 18th, 2014

tags : reblog

reblogged from : Peckori Detuned.